楽譜

無料Webレッスン 配信中

楽譜を読めるようになりたいあなたへ

サックスを始めたけど、楽譜が読めない…、とお玉じゃくし恐怖症になっていませんか?こちらレッスンは「楽譜を読むのは難しい」と嘆いているあなたのための無料Webレッスンです。音楽を始めると「楽譜」をひとつの壁だと感じる人が多いでしょう。はっきり言いましょう。楽譜が読めない理由は「ギャップ」です。「楽譜」は感性とか感情などを表現する音楽のイメージからほど遠く離れたロジカル(論理的)な世界です。感性で捉えようとすると楽譜はいつまで経っても読めません。しかし、逆に言えば、感性というあやふやなものではないからこそ、手順の沿って理解すれば誰でも読める事ができるのです。このレッスンでは、どの様な手順で楽譜を読んでいけば良いのかを解説しました。実際に短い曲を用いて、あなたといっしょに読譜をしていきます。どの様なアプローチで楽譜を読める様にしていくのかを動画で解説しつつ、楽譜にでてくる記号、リズム、音符の 説明を加えました。

  1. 「わかっているつもりです。」それが一番危険だ。そもそも楽譜には何が書いてあるのか?
  2. あなただけにこっそり教えます。多くの人が陥ってしまう読譜の落とし穴とは?
  3. 楽譜をスラスラと読むために、絶対に、絶対に外していけない重要ポイントとは?
  4. 結局これだけわかればいい!!たった3つしかない楽譜の要素とは?
  5. 子供にはできない!!大人だからできる学び方とは?
  6. よくわからない難しいリズムをいとも簡単に捉える方法とは?
講師紹介

もし、楽譜が苦手であれば、その苦手意識を抜け出す第一歩になるはずです。さぁ、いっしょに楽譜を読める様にしていきましょう。下記のフォームからご登録頂ければ、今すぐ受講可能です。無料なので、今すぐ登録してください。

無料Webレッスン登録フォーム

手順

VOICE

勇気をもらいました。

「音符は暗号」・・・言いえて妙ですね。納得しました。換言するならば、「これをどのように表現するかが、演奏者に課された使命」に勇気をもらいました。 素敵な「音」の追求は並大抵ではないと思っています。しかし、SAXを始めた当初から比較すれば、格段に音が良くなっていることも実感しています。 tataさんの楽譜の読み方は大変良いReviewになりました。

(50代・男性:NUさん)

最高の教本になっていると思います。

楽譜は音楽の情報である。・・・・失う力は納得です。楽譜は大切ですが、全てを頼るなと感じました。最後は自分の感性でバランスよく、音楽性を作りたいと思います。全体を通して、説明は、大変わかり易く、最高の教本になっていると思います。これも無料・・・・ 通信講座のテーマで十分通用すると思います。

(50代・男性:HHさん)

大変有意義に読まさせて頂きました。

大変有意義に読まさせて頂きました。これからも、是非継続していただきたく思います。saxを始めて2年になりますが、今では手元から離せなくなって女房に叱られている次第です。それほど、惹き込まれるsaxの魅力とは何なんでしょうかね。自らの演奏に酔ってみたいですね。もちろんsaxって格好いいから人をも酔わせたいけど、まず自分の演奏に涙してみたいです。

(サックス歴2年・男性:Mさん)

サックス講師 TATA

サクソフォン奏者。兵庫県神戸市出身。昭和音楽大学器楽科を卒業。 サクソフォーンを西本 淳、田中 靖人、Naoh、荒崎 英一郎の各氏に師事。 室内楽を新井 靖志、武藤 賢一郎の各氏に師事。在学中より学校や養護施設などを中心にボランティアで訪問演奏を行う団体『音つみき』、SKAバンド『マグロジェット』、Saxophone Quartet 『SFK』などで都内を中心に演奏活動やライブ活動を行う。インターネットでは『tataのサックス講座』を展開し、演奏はもとより指導者としても積極的 な活動を行っている。2011年に地元の神戸へ活動拠点を移す。Leaf Music Schoolサックス講師、Sax&Guitarユニット『Natural Spirit』、piano&saxユニット『なな☆たた』のメンバー。サックス講師、イベントやレストランでの演奏やバンドサポート、教材執筆、コピーライテイング、Webマーケティング、映像制作、音響・映像配信エンジニアなど活動範囲は多岐に渡る。

講師紹介